1. スローガン・基本方針

  2. 会長挨拶

  3. 岡山YEGのあゆみ

  4. 歴代会長

岡山YEGとはサブタイトル

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

  1. スローガン・基本方針

  2. 会長挨拶

  3. 岡山YEGのあゆみ

  4. 歴代会長

平成28年度

平成28年度 ~ We Change Now ~ 今を変える “NEO岡山YEGへ 全てはそのために今!”

~ We Change Now ~
今を変える
“NEO岡山YEGへ 全てはそのために今!”

岡山YEGは、平成5年に岡山を愛する熱い情熱を持たれた諸先輩が集結し、設立され歩み続けた23年間。
この23年の長き歴史に大変貴重な経験をしてきました。
様々な活動に加え、平成9年度に「第15回中国ブロック大会」を、平成16年度には「第22回全国会長研修会」を、
そして遂に平成27年度に岡山YEG設立当初からの悲願であった『日本商工会議所青年部第35回全国大会「吉備の国おかやま大会」』を
我々現役メンバーによって計画から設営・運営を行いました。

日本YEG三大事業と言われる「ブロック大会」「会長研修会」そして「全国大会」を経験出たのは、
日本全国に約410ある単会の中でも6単会しかありません。

更には平成26年度に最後の設立メンバーの先輩方がご卒業された事もあり、
平成5年の設立から走り続けた岡山YEGは、平成27年度で第1ステージの幕が下りたのでは無いでしょうか。

今年度からは第2ステージの幕開けとなります。
我々は第1ステージでの経験を活かし進化していかなければなりません。
そのスタートの今年度は、日本YEGの筆頭副会長、西地区担当副会長と、
4名で構成される日本YEG副会長の2名が同時に岡山YEGから誕生します。
そして遂に平成29年度には日本の頂点(てっぺん)に、
即ち約32,000人の会員が在籍する日本YEGの会長を我々岡山YEGから輩出します。
間違いなく全国にある約410単会の中心が岡山になります。

そして岡山YEGは平成30年度に新長期ビジョンを策定します。
平成28年度は日本YEG 三大事業で得た貴重な経験と、その過程で全国に築き上げてきた人脈、
そして何よりも今日までの活動で得た経験と人間関係を強みに、
NEO岡山YEGとしてどのように進化させ成長していくべきかを実践と検証を繰り返し、
時には失敗も糧としながら、その礎となる年度にしたいと考えております。進化し続けていく“NEO岡山YEG”となるために!

全国に約410ある単会の中でも300名近い会員数を誇る単会である
我々岡山YEGが先ずやらなければならないのは、同じベクトルを持つことだと思います。
マンモス単会であるが故、色々な意見や答えがあるでしょう。
また、同じ事案でも違う答えが存在し、どちらも正解なケースも出てくるでしょう。
会員の皆さんの話をしっかり聞いて、その意見をしっかりと議論し、一つの答えを出していきます。
同じベクトルで会員全員が疑うことなく共有し進んでいきましょう。

『日本商工会議所青年部第35回全国大会「吉備の国おかやま大会」』では大会コンセプトを
【 SUPER LOCAL ~CHANCE x CHALLENGE ⇒ CHANGE~ 】
と吉田大会会長は掲げられました。
全国大会は諸先輩の皆様からいただいた“CHANCE”でした。
そして我々はそ の“CHANCE”にしっかりと“CHALLENGE”しました。
しかし“CHALLENGE”はまだまだ続きます。

平成28年度は初心にかえり「ビジネス」と「交流」の2本柱を軸とし、
指針の中にある「文化を伝承しつつ新しい文化の創造に向って歩を進めよう」をコンセプトに、
様々な事に全員で“CHALLENGE”していきましょう。
全ては“NEO岡山YEGにCHANGE”するために。

【重点目標】

  • ■同じベクトルで歩を進めよう
    会員一人ひとりが同じベクトルでNEO岡山YEGへ歩を進めよう
  • ■ビジネスと交流(人間関係)を軸にしよう
    ビジネスと交流(人間関係)の2本柱を軸に50%アップの自企業発展のため研鑽しよう
  • ■交流・情報発信でビジネスチャンスを高めよう
    日本YEG、全国のYEG、他団体との交流・情報発信によりビジネスチャンスの創出をしよう
  • ■実践と検証を行い礎の年にしよう
    NEO岡山YEGへと進化するために委員会及び会議体等すべての活動を見直し実践と検証を行い礎となる年にしよう
  • ■長期ビジョン達成推進活動をしよう
    長期ビジョンを検証し達成するために情熱を傾け推進活動をしよう